ピニトールの身体働き

ビタミンBの仲間で血糖値を下げる活動を持つピニトールですが、昨今では多嚢胞性卵巣症候群罹患輩に効果があると注目されています。
多嚢胞性卵巣症候群罹患輩には中位と比べたときに父親ホルモンが多いという特徴があります。このことによってインスリンが効きにくい状態になってしまい、血糖数字の前進が起こり不妊の原因になってしまう。ピニトールには摂取することによって父親ホルモンを正常な数字に戻し、ホルモンプロポーションを安定させるつながりと、血糖数字の前進を治めるつながりによって多嚢胞性卵巣症候群を改善させる効果があることが発見されていらっしゃる。
ピニトールを摂ることができるもととしては、大豆グッズ(納豆以外)、アイスプラント、ルイボスティーが確認されています。しかし、大豆グッズとルイボスティーに含まれるピニトールの容量は少なく、3等級の中で断然多い容量を含むアイスプラントは実に仕入れが出来ないシチュエーションとなっています。
ピニトールには毎日の服薬満杯が180mgから1200mgと設けられていますが、現状ではピニトールが含まれているもとが限られているために、この用量を達成できるやつは限られています。
現在は上記のような雰囲気となっているので、多嚢胞性卵巣症候群で悩んでいるヤツは医師へのミーティングの上で、ベジママなどの栄養剤による服薬が一番効率のいい戦略となっています。詳しくはこちら

ピニトールの身体働き